60s頃に製造されたレザージャケットです。

 

通称、コルビュジエジャケット。

 

近代建築の三大巨匠と称されている〈  Le Corbusier  〉ル・コルビュジエが愛用していたジャケットとしてこの愛称がつきました。

 

このジャケットはフランス国営職業の方々への支給品です。

 

比較的近年のものですとその職種の刻印やスタンプがある物が多いので、どの職種に支給されていたものか分かります。

それが無い物だと職種を確認するのは中々難しいです。

 

 

こちらの個体を含め、現在手に入るコルビュジエジャケットのほとんどは細かなディテールこそ、コルビュジエが愛用していたものと多少違うものの、その格好良さから非常に人気があります。

 

 

裏地はチェック柄のウール素材で、ル・コルビュジエが愛用したモデルとは少し異なりますがベースとなる形はだいたいそのまま。コル・クロディンと呼ばれる丸襟が愛らしいです。

こちらの個体は襟先が丸みがあるデザインで中々珍しいタイプではないでしょうか。

 

 

レザーはシープスキン。

レザー産業で有名だったGraulhetで加工されたレザーです。

フランス語で防水の加工をしたレザーであると表記されています。

 

日本だとGraulhetをメーカー名と思っている方が多いですがこれは地名(南仏)で、メーカーはGVFです。

 

脇下には熱を逃す通気孔があります。

 

デッドストックで言うまでも無くとても良いコンディションです。

色で印象が大分変わりますので既に持っている、と言う方も2着目は茶色で!と言うのもオススメです。

 

 

 

<SIZE 表記なし>

着丈 76cm

肩幅 48.5cm

袖丈 63cm

身幅 60cm

 

 

 

発送やその他注意事項について、サイトのABOUTページに記載しております。お買い求めの際はそちらをお読みください。

60s 通称<ル・コルビュジエ> レザージャケット 茶色 デッドストック

¥72,000価格