1930年代から1940年代にかけて製造された、フランスの消防士のためのレザーコートです。

 

ウール襟に無地の裏地、比翼仕立て。一般的な消防士レザーのディテールでクールです。

首元にはしっかりとクロシェ、チンストがあります。

 

ポケットは金属の留めがされています。

 

オリジナルボタンはおそらくコロゾ製で、メインの一番上のものだけ深緑のボタンに替えられています。

 

袖口にはスレが見られますが、全体的に黒でマットな分、素敵な味を出しています:)

 

右ポケットの内側、上に穴があります。なぜこんなところに穴が開くことになったのか、考えてもよくわかりません。

使用にはなんの問題もないと思います。

 

サイズ

着丈 77cm

肩幅 50cm

身幅 65cm

袖丈 64cm

 

発送やその他注意事項について、サイトのABOUTページに記載しております。お買い求めの際はそちらをお読みください。

【SOLD、30s-40s】消防士のためのレザーミドルコート ウール襟

¥0価格