1950年代頃に製造された、黒モールスキンのワークパンツです。

 

黒モールスキン生地の独特なグロッシーさと日に焼けて色の抜けたナチュラル素材の縫製、クロス型のメタルボタン...これはフランスのヴィンテージワークウェアにしか見られない、とても綺麗な組み合わせです。

 

一般のワークパンツに比べて、ベルトループが広めなのもワンポイントでかわいいディテールです。

 

スレーキはコットンヘリンボーンで、破れた部分にはモールスキン生地が充てられています。

 

タグにはTissu Extra, Teinture Indestructible, Extra Supérieureと書かれています。「とびきりいい生地、色落ちしない、とびきり優れている」という意味ですが、どれがメーカー名かはわかりません。

売り文句をメーカー名にするのはフレンチヴィンテージあるあるなので、おそらくどれか又は全体がメーカー名です。

 

洗濯用マルセイユ石鹸で手洗い済みです。

 

サイズ 表記はなし

ウエスト 43cm

股上 32cm

股下 68cm

総丈 95.5cm

裾幅 24cm

 

発送やその他注意事項について、サイトのABOUTページに記載しております。お買い求めの際はそちらをお読みください。

【50s】黒モールスキンのワークパンツ

¥40,000価格