1930年代頃に製造された、Le Vrai Termoc(ル・ヴレ・テルモック)のモールスキンパンツです。

 

色はブルー(ネイビー)、マルタンガル仕様です。

メインボタンは1920年代製造のコーティングされたメタル製、サスペンダー用ボタンも打ち込み式のメタル製です。

 

弓形になったポケット、曲線のあるオールブラックのアグラフ、シングルステッチ、マルタンガル、モールスキンの質、どれを取っても本当に美しいパンツです。

 

タグのqualité(質)欄にはPeau de Diable(悪魔の肌)と書かれています。素材のことを指していると思いますが、この時代にはもぐらの革(モールスキン)と表現していなかったのかもしれません。

 

なんとポケットのスレーキまでモールスキンです。こちらは本体よりもずっと薄い生地が使用されています。

 

タグのLe Vrai Termocは、正直意味がわかりません。仮にtの後にhがつくとTherm(o)-で、「熱の」という意味になります。モールスキンは第二の肌とも言われていたそうですので、暖かさを主張したのかもしれません。

 

布タグにimperméabiliséと書かれています。こちらは防水加工されていることを指しますが、洗濯に不便をきたす加工ではなく雨に強い生地であることを指しています。

 

打ち込み式ボタンの裏にはBREVETE S.G.D.Gと刻印されています。こちらは特許を取得しているという意味ですが、パンツ本体ではなくボタンのことです。

 

マルタンガルの金具までリネン糸で留められたデッドストックです。そうそう見つかるものではないと思います!

 

サイズ 40-105

ウエスト ~41cm(マルタンガルを留められませんのでミニマムはわかりませんが、39cm程度だと思います。)

股上 37cm

股下 70cm

総丈 105cm

裾幅 25.5cm

 

着用モデル 175cm、55kg

 

一緒に着ているシャツ:【60s】REINALUX 比翼仕立てのフォーマルシャツ

 

発送やその他注意事項について、サイトのABOUTページに記載しております。お買い求めの際はそちらをお読みください。

【SOLD】30s Le Vrai Termoc モールスキンパンツ デッドストック サイズ40

¥0価格