1940年代から1950年代に製造された、リネン/コットンのメティスエプロンです。

 

リネンの配合率は30~40%ほどでキメが細かくツブの揃った素材です。プルプル感は薄く、コットンの配合率の方が高いことがわかります。

 

ポケットの上、スネ辺りに小さな穴があり、胸辺りには白いペンキがついています。まさにvêtements vivants(生きている服)という雰囲気があり、非常に美しいです。

 

実はフランス人を含めた欧米人女性に一番人気を博すフレンチヴィンテージはエプロン。

女性に限らず、料理が大好きでキッチン周りをおしゃれにされている(したい)方は必見です。

あとは陶芸やセラミック、絵画といった芸術的活動をされている方なんかもエプロンをお使いになられることだと思います。

絵具やセラミックで汚れた状態を想像すると、、気持ちが高揚して仕方がありません。

 

サイズ

横 99cm

縦 100cm

 

発送やその他注意事項について、サイトのABOUTページに記載しております。お買い求めの際はそちらをお読みください。

【SOLD】40s-50s リネン/コットンのメティスエプロン

¥0価格