1950年代頃に製造された、ウールのワークパンツです。

 

両サイドにあるマルタンガルのバックルにPARISの刻印があることから、パリの公務員が着用していたものだったことがわかります。

バックルも挟むタイプではなく刺すタイプなので、着用中に緩むことがなく便利!

 

ウールパンツですが、コットンやレーヨンが少し混ざったようなメティス素材です。

 

色合いは黒/グレー/白のストライプです。都心の作業着ですので日焼けなどはありません。

 

ボタンはすべてプラスチック製の黒、オリジナルで残っています。

アグラフ(第一ボタンの下の金具)が付けられていたようですが、片方が外されています。その痕跡は縫われているので、前の持ち主が故意に外したものです。

 

股部分の裏地の縫製が取れていますが、着用には問題ありません。

 

軽やかに穿けて、真夏以外にはどの季節にもちょうど良いのでヘビロテしていただける一本です!

 

サイズ 表記はなし

ウエスト 35cm〜37cm

股上 29cm

股下 67cm

総丈 92cm

裾幅 25cm

 

発送やその他注意事項について、サイトのABOUTページに記載しております。お買い求めの際はそちらをお読みください。

【SOLD】50s ストライプ柄のウールワークパンツ

¥0価格