1950年代頃に製造された、ブラックモールスキンのワークジャケットです。

 

布タグは剥がされてしまっていて、メーカーやサイズはわからなくなってしまっています。ただ、内ポケではなく首元にタグがあった形跡がありますが、モールスキンジャケットで首元に布タグが配置されていることはなかなか珍しいことです。

 

アドルフ・ラフォンやル・モン・サン=ミシェルなどは内ポケで、首元にタグを縫い付けるのはパリのメーカーに多かった方法です。そうだとすれば、モールスキンを製造したパリのメーカーはあまり多くないので、それだけでも気分が上がる一着です!

(あくまで推測と可能性です)

 

また、ボタンは裏にFRANCEと書かれたものなので公務員の作業着となります。黒モールスキンジャケットを着た職業は、当時であれば汽車のボイラーマンや炭焼き屋。公務員となると、ボイラーマンの方かなと思います。

 

モールスキン素材は1940s〜1950sに見られるような、滑らかで頑丈な生地です。

縫製に使用されている糸はコットンやリネンなどのナチュラル素材です。

 

全体的にとても良いコンディションです。右袖に縫製が剥がれた箇所がありますが、着用などには一切影響しません。

 

ボタンはすべてプラスチック製でオリジナルです。

 

マルセイユ石鹸で手洗いしています。

 

サイズ 表記はなし

着丈 73.5cm

肩幅 50.5cm

身幅 62cm

袖丈 63cm

 

発送やその他注意事項について、サイトのABOUTページに記載しております。お買い求めの際はそちらをお読みください。

50s 黒モールスキンのワークジャケット

¥69,000価格