1950年代頃にLe Favori(ル・ファヴォリ)が製造した、黒モールスキンのワークジャケットです。

 

素材の良さはもちろんのことながら、フレンチワークウェアの中では珍しい「黒」という色も黒モールスキンを特別な存在へと引き上げた理由の一つです。

フランスではもともとBleu de chauffe(ブルー・ドゥ・ショフ)と呼ばれ、機関車などのボイラールームで作業する方が着ていた物。黒くなっても困らないようにこの色になっています。

 

少し大振りで丸みを帯びた襟は、50年代までのフランスのワークジャケットに特有のシルエットです。襟先は本体に縫い付けられています。

 

生地は一般的なモールスキンに比べてプルプルしています。このメーカーのモールスキンに見られる素材で、他のメーカーのものにはあまりない特徴です。

 

袖のギャザーも素敵です!

 

メーカーはル・ファヴォリ。モールスキンジャケットでよく見かける会社です。日本語では「お気に入り」や「本命」を意味します。

筆記体ロゴの中でも、より伝統的で一筆書き感の強いフォントを使用していて綺麗です。

刺繍タグです。

 

フランスのワークジャケットにはとっても珍しい6つボタン仕様!これはテンションの上がるディテールです。

ボタンは裏にFRANCE刻印のあるプラスチック製、すべてオリジナルで残っています。

 

袖にスレもない非常にいいコンディションです。

 

フレンチヴィンテージにおいて、黒モールスキンのジャケットは立派なコレクター品です。合わせる服を選ぶ一着でもなく非常に使い勝手がいいのも魅力の一つ。

カテゴリ内での人気、希少性、かっこよさ、便利さ、それに素材の良さ。すべてを備えていると言っても過言ではない物です!

 

(フランスにおいても値段が急激に高騰していて、買い付けるのも大変、、)

 

サイズ 表記はなし

着丈 75cm

肩幅 51cm

身幅 65cm

袖丈 63cm

 

発送やその他注意事項について、サイトのABOUTページに記載しております。お買い求めの際はそちらをお読みください。

【SOLD】50s Le Favori 黒モールスキンのワークジャケット

¥0価格