[このボタンで直すならこれ!]

全素材のワークパンツ、ワークジャケットなど

 

1910年代から1920年代にかけて製造された、クロス型のメタルボタン8個セットです。

全て元は黒塗り・コーティングされていて、1つを除いてほとんどは色が剥げて銀色が見えているもの、錆びているもの(サビ落としや白酢で落ちると思います)、裏側が凹んでいるものなどあります。その全てがメタルボタン特有の経年変化で、他の素材のボタンでは一切見ることができません。非常にかわいいです。

 

古いフレンチヴィンテージのワークウェアであれば、どの色、どの生地のものに合わせても美しい映え方になります!

 

このクロス型は主にワークウェアで使用されるもので、ミリタリーウェアに使われることはあまりありません。

ワークウェアでは、40年代までのマキニョンのインディゴリネンパンツや、反対にモールスキンやコーデュロイなどの厚い生地のワークパンツなど全ての生地のパンツに使われます。

その反面、なぜかジャケットには使用されているのをほとんど見たことがありません。理由はよくわかりませんが、大きさを考慮するとご使用いただけるはずです。

 

サイズ

直径 17mm

厚み 3mm~4mm

 

発送やその他注意事項について、サイトのABOUTページに記載しております。お買い求めの際はそちらをお読みください。

 

(管理番号A5)

【10s-20s】メタルボタン クロス型 8個 17mm

¥0価格