20世紀初頭に作られた、フランスのリネンジャケットです。

襟や左袖の内側など縫製にほつれがありますが、下2つのボタンホールに仮縫いが残されているため未使用だと思われます。

 

左胸の胸ポケットは、最高の斜め具合です。左右のメインポケットもフラップがあり、どちらにも内側に縫製があります。

(内ポケットは無し)

 

袖の内側には違う素材で当て布がされており、腕をよく動かす仕事をされていた方のためのワークウェアであったことは確かです。もしかしたら双胴船の組員用だったかもしれません。

また、この当て布を縫い付けた縫製が外から見ると曲線になっており、最高に美しいです(写真8枚目)。

袖本体も直線ではなく斜めに仕上げられていて、ちょうど親指が動かしやすい設計になっています。そのためか袖は寸胴に近いはずなのに、少し袖口に向かって広がっているように錯覚しそうになります。

 

ボタンはシェルです。左袖にも小さいボタンがついていますが、用途がわかりません。右腕にもボタンがあった痕跡がありますが取れてしまっています。

 

着ていただければわかるのですが斜めを意識したようなこのヨレ感、近代のリネンワークウェアには出せません。ぜひこの機会に!

 

サイズ 表記は無し

着丈 73cm

肩幅 45cm

身幅 48cm

袖丈 60cm

 

着用モデル 175cm、55kg

 

一緒に着ているTシャツ:【2001SS】Maison Martin Margiela ⓪⑩ アーティザナルTシャツ

一緒に穿いているパンツ:【2002SS】Maison Martin Margiela ⑩ マックイーンパンツ

 

コンディション

9/10

 

発送やその他注意事項について、サイトのABOUTページに記載しております。お買い求めの際はそちらをお読みください。

【SOLD, 20世紀初頭】未使用のリネンワークジャケット、シェルボタン

¥0価格