1950年代頃に製造されたブルーのモールスキン ワークパンツです。

 

メーカーはモールスキン のジャケットやパンツを中心に作っていたLe Favori(ル・ファヴォリ)。日本語では「お気に入り」の意味です。

黒に金字の筆記体で刺繍されたロゴは、文字通り個人的にはお気に入りなタグの一つ!スレキがコットンヘリンボーンなのも素敵です。

(下に書かれているMARQUE DÉPOSÉE(マルク・デポゼ)は「登録商標」を意味します)

 

1950年代におけるル・ファヴォリのワークウェアは、必要なディテールを必要そうな部位に配置したシンプルな作りで、生地は当時の流行りでもあった少しだけ光沢のあるモールスキン です。

1950年代〜1960年代は、歌手ジョニー・ハリディの台頭もあったのか煌びやかな服装が流行ったそうです。それが労働着にも影響して、特にモールスキンは光沢をつけやすかったのか、新品では渋い光沢のあるものが少なくありません。

(日本では知名度の低いハリディですがフランスでは国民的人気を誇るロッカーで、生前はスパンコールなどを気に入って着ていました。セルジュ・ゲンズブールと時代が近いですが、パンツはデニム2本だけだったという落ち着いた雰囲気のゲンズブールとは真逆の人気を得ていたのかも知れません)

 

渋みの強いブルーで、シルエットやポケットの縫製もシンプルそのもの。なのでちょっとキレイめな服装で足を運びたいところにも履いていけるパンツです。

 

ボタンはすべてオリジナルで、プラスチック製の黒です。

 

デッドストックをノリ剥がししています。当サイトの「お洗濯について」ページを参考にお洗濯いただければ縮むことはないはずです。

 

サイズ 表記はありません(48相当)。

ウエスト 48.5cm

股上 34cm

股下 78.5cm

総丈 109cm

裾幅 23cm

 

発送やその他注意事項について、サイトのABOUTページに記載しております。お買い求めの際はそちらをお読みください。

50s Le Favori ブルーモールスキンパンツ デッドストック

¥22,000価格