[このボタンで直すならこれ!]

ワークジャケット、ワークコートの袖ベルトやポケット

 

19世紀末から1900年代にかけて製造された、カートン製のボタンです。

 

使破れて表面のコーティングが剥がれたものから、割と綺麗なまま残っているものまでありますが、すべて元の色は黒です。

元の色が同じだからこそ、状態がまちまちでも統一感があります!

 

圧縮されていて硬いですが、カートン製ですのでモールスキンなどには少し不向きかもしれません。メティスやコットンのワークウェアに特に向いています。

軽いので、マキニョンの衣服やその他リネンのワークウェアにも使用していただけると思います。

 

少し小ぶりですので、ワークコートには少し小さすぎると思います。

 

サイズ

直径 17mm

厚み 3mm~4mm

 

発送やその他注意事項について、サイトのABOUTページに記載しております。お買い求めの際はそちらをお読みください。

 

(管理番号10)

【19世紀末~1900s】カートン製ボタン 17mm

¥0価格