[このボタンで直すならこれ!]

マキニョンのコート、ビオード、その他リネンのワークジャケットの袖

 

19世紀末から1900年代にかけて製造された、シェル製のボタンです。

シェルボタンは他のボタンに比べて軽いですので、リネン素材の衣服によく使用されました。

真っ先に思いつくのは、やっぱりマキニョン!パンツにはメタルボタンが、被りのビオードにはガラスボタンが頻繁に使用されたと思いますが、コートや全開きタイプのビオードにはシェルボタンが多かったです。

 

玉虫色に輝く個体や、黒みの強いもの、二つ穴の物など混ぜています!

 

サイズ

直径 16mm~18mm

厚み 1~2mm

 

発送やその他注意事項について、サイトのABOUTページに記載しております。お買い求めの際はそちらをお読みください。

 

(管理番号14)

【19世紀末~1900s】シェル製ボタン 16~18mm

¥0価格