1930年代頃に製造された、半袖のワークシャツです。

 

こんなにも当時の服装を一着で表現できている服は、ヴィンテージを探しても他になかなかありません。

なんと言ってもサスペンダーの存在感。前面にも背中にも、サスペンダーの日焼け跡があり非常に綺麗です。

また、胸にはサスペンダーが当たって出た生地の痛みがシンメトリに現れています。

 

下半分に色が濃く残っているのも、ズボンの中にインして着用していたことを簡単に想像させてくれます。

 

襟はギュッと細く狭まっています。フレンチヴィンテージのツバメ襟(col hirondelle)と言えばこれ!というほどの曲線がとても美しいです。

 

生地は薄いモールスキンかと思うほど独特なコットン素材です。

 

オリジナルのボタンは上から1つ目と3つ目のネイビーガラスボタンだと思います。他は木製やプラスチック製があてがわれています。

 

五角形にかたどられたスレットの補強部分、微かに残っている当時の汚れ、首周りやサスペンダー跡の畑直しなど、全てのディテールが本当に最高にかっこいい一着です!

 

<サイズ 表記はなし>

着丈 77cm

肩幅 43cm

身幅 52cm

袖丈 21.5cm

 

発送やその他注意事項について、サイトのABOUTページに記載しております。お買い求めの際はそちらをお読みください。

30s 最高色褪せの半袖ワークシャツ

¥25,000価格