1930年代頃に製造された、半袖のワークシャツです。

 

サスペンダーの跡がくっきりと残るほど日に焼けた生地は、カーキからもはや白にまで色が褪せている部分もあるほど。そのグラデーションにはまさにワークウェアらしさと呼べるものがあります。

 

そして、このシャツをさらに特徴的とさせているのが生地の切り替えです。傷んだ生地を除くためのお直しだったと思いますが、前は3段階に、背中は2段階に分けられています。

特に背中のお直しでは、お直しに使用された生地も日焼けしていて非常に神秘的な色の移り変わりが生まれています。

 

7枚目の写真をご覧いただくと、前身頃下の段で実は横に2段階分けられていることもお分かりいただけるかと思います。

 

素材やディテールも、そのユニークさに引けを取らないほど。

生地はリネンとコットンのメティス素材で、触ると少しひんやりとしてリネンを感じることができます。

 

スレットや前立ての補強部分にはしっかりと布が充てられていて、しっかりと丁寧に仕上げられています。

 

背中側のギャザーにも、たまらなくテンションが上がってしまいます!

 

ボタンは一番上がカートン製、下が木製、真ん中は判断できません。

 

縫製に使用されている糸はもちろんナチュラル素材です。

 

<サイズ 表記はなし>

後ろ身頃 90cm

肩幅 45cm

身幅 68cm

袖丈 29cm

後ろ身頃と前身頃の差 8cm

 

発送やその他注意事項について、サイトのABOUTページに記載しております。お買い求めの際はそちらをお読みください。

【SOLD 】30s 色褪せとお直しが唯一無二!リネン/コットンのメティス半袖シャツ

¥0価格