1930年代から1940年代にかけて製造された、黒モールスキンのワークパンツです。

 

タグがもともと付けられていなかった物(縫い付けられていた跡がばい)で、製造メーカーはわかりません。

おそらくはLouis Fabre(ルイ・ファーブル)のように、紙タグだけ付けていたようなメーカーだったのだろうと思います。

 

黒モールスキンは黒い汚れが目立たないということから、国営では汽車のボイラールームで石炭をくべる人や、民間では炭屋の人々などに愛用された生地です。

こちらはマルタンガル(英語ではシンチバック)にPARISと書かれていて国営の物ですので、ボイラールームで働いた人のものだと思われます。

 

フレンチヴィンテージにおいてはブルーが主役であり、それが無ければ始まらないとも言えます。そのため「黒」は相対的に少ない色ですが、やっぱり好きなカテゴリ一つにつき一着は黒い服が欲しいもの...!

そんな時にはやっぱり黒モールスキンが挙がります。

 

こちらのパンツは、ため息が出てしまうほど「最高」の一言に尽きます!

特にダメージはないものの、左腿にあるお直しや全体的な色の褪せ、使用感などその雰囲気は他の素材のもの、後の年代の物では絶対に見ることができません。

加えて、その状態の良さは前の年代の物になるとなかなか出てこないです。

 

色に関して、黒モールスキンは色褪せると白がかったグレーになります。

その過程は、こちらのパンツにも現れています。

ちょうど良い具合に褪せた色合いは、ブラックモールスキンにしか出すことのできないユニークな風合いを醸し出していて、見る度、触る度にこのパンツが過ごした時間を感じることができます。

 

股の開閉部の内側には、リネン/コットンのメティス生地が使用されています。こちらはブラックではなくインディゴで染められたブルーで、チラッと見えるその色味がとても綺麗です。

 

 

ボタン...

・ウエスト前面の右の内側、後ろ面の左、股の開閉部一番上がメタルボタンです。こちらがオリジナルだと思われます。

・ウエスト前面一番右はプラスチック製です。

・ウエストの他のものはメタル製です。

・股の開閉部は上2つがメタル、一番下が木製です。

 

コンディション...8/10

特にダメージはありません。良い状態です。

 

 

当時の洗濯方法に則って、マルセイユ石鹸で手洗いしています。

手洗いをすることで生地を無駄に傷めずに済み、より長くご着用いただけます。

 

 

サイズ

ウエスト 42cm~46cm(マルタンがるで調整できます)

股上 35cm

股下 61cm

総丈 93cm

裾幅 26cm

 

 

発送やその他注意事項について、サイトのABOUTページに記載しております。お買い求めの際はそちらをお読みください。

30s-40s ブラックモールスキンのワークパンツ

¥79,000 通常価格
¥51,000セール価格