1950年代から1960年代にかけて製造されたレザーブルゾンです。

 

Adolphe Lafont(アドルフ・ラフォン)やMaison Margiela(メゾン・マルジェラ)でお馴染みになった八の字ジップが配されています。

その特徴的なデザインが出す雰囲気はやはり非常にユニークです。

 

こちらのジャケットはワークやミリタリーなどの定番物ではないからこそ、古着屋さんの多い地域などで着用して散歩でもしていると目を奪うこともあるのではないでしょうか!

 

色味は渋いブラウンです。

八の字ジップを含めれば4つもポケットがありますが、その色やシングルの形などが合わさって雰囲気は非常に落ち着いた物です。

そのような意味では、どの年齢層の方が着ても様になる一着で、尚且つユーロではない他の大陸のヴィンテージなどとも着合わせをしやすいジャケットです。

 

その一方、八の字ジップや少し長い丈などで確固たるフレンチ感を出すこともできるので、とても独特な一着になるはず!

 

 

ジッパー...Eclair製のジッパーが使用されています。ジッパーエンドにはアール・デコ調の模様が施されていて、とてもおしゃれです!

 

コンディション...6.5/10

表面は全体的に色褪せなどがあります。裏地は基本的に綺麗ですが、左袖の内側に破れがあります。

 

 

サイズ

着丈 75cm

肩幅 52cm

身幅 63cm

袖丈 61cm

 

 

発送やその他注意事項について、サイトのABOUTページに記載しております。お買い求めの際はそちらをお読みください。

【SOLD】50s-60s 八の字ジップのレザージャケット

¥0価格