1950年代頃に製造された、ブルーモールスキンのワークパンツです。

 

メーカーはLe Favori(ル・ファヴォリ)です。日本語では「お気に入り」を意味します。

いつから活動を始めた会社かはわかりませんが、主にモールスキンのジャケットとパンツを製造していた印象があります。

 

ル・ファヴォリの使うモールスキン素材は、他のモールスキンに比べて光沢が比較的強いです。これは、当時一般市民の間で光沢のある服が流行していたことを受けてのことという説もあります。

ル・ファヴォリが単純な作業着というだけでなく、しっかりと見た目にもこだわって生地選びをしていたことがわかります。

 

もちろんフレンチヴィンテージのモールスキン特有の頑丈さとしなやかさはあり、全体的に無駄のなくシンプルな作りがル・ファヴォリの特徴です。

ジャケットでもパンツでも、生地やボタンに良い物をしっかりと使っていてシルエットも綺麗、シンプルな作りでありつつ刺繍タグがかわいい、個人的に非常に好きなメーカーの一つです。

 

フレンチヴィンテージのワークウェアといえばブルー!これが無ければ始まらないとまで言えることができます。

深みのあるネイビーで、着れば着るほど色も褪せていって、それはそれで綺麗な色合いになります。

ブラックモールスキンとは違い、ブルーがかった白に褪せたその色はとてもユニークで美しい色です。

 

それまでの移り変わりを、ぜひご自身でお楽しみいただければと思います!

 

 

ボタン...すべてプラスチック製でオリジナルです。1930年代頃から木材やコロゾ(植物性アイボリー)、1950年代頃からはプラスチックで製造された型のボタンです。フレンチヴィンテージの中では一番長く作られていたモデルになると思います。

 

コンディション...10/10

デッドストックを一度ノリはがししています。

水通しと違い、数十年分の汚れをしっかりと落としきることができ、またこの過程を踏むことで色の耐久度も上がるそうです。

 

サイズ

ウエスト 48.5cm

股上 34cm

股下 78.5cm

総丈 109cm

裾幅 23cm

 

 

発送やその他注意事項について、サイトのABOUTページに記載しております。お買い求めの際はそちらをお読みください。

【SOLD】50s Le Favori ブルーモールスキンのワークパンツ デッドストック

¥0価格