50年代頃に製造されたニットカーディガンです。

メーカーはmanufrance Saint-Etienne(マニュフランス・サンテティエンヌ)、19世紀からフランス・パリで生活用品全般を手がけていた会社です。

特徴はなんと言ってもレザーとカートンで二重になった二つ穴のボタン(表側がレザー、生地側がカートンです)。円周に沿って型押しされていて、造りがかなり凝っています。

 

ベージュと生成りの糸を混ぜた可愛らしいニット生地も、なんともフランスらしい雰囲気です。

 

メーカータグの下にPATRONと書かれた別のタグがあります。フランス語では服の型紙も意味する単語ですが、それが記されている意味はあまりわかりません。「この服の型紙が欲しければmanufranceへお問い合わせください」といった意味なのかもしれません。

 

サイズ 表記はなし

着丈 68cm

肩幅 48cm

身幅 58cm

袖丈 61cm

 

コンディション

7/10

 

発送やその他注意事項について、サイトのABOUTページに記載しております。お買い求めの際はそちらをお読みください。

【SOLD、50s】manufrance レザーボタンの生成りカーディガン

¥0価格