1960年代頃に製造された、ワークワロペットです。

 

メーカーはADOLPHE LAFONT(アドルフ・ラフォン)です。

1844年、大工をしていた義理の兄弟に、モールスキンのパンツを作ったところから始まったワークウェアメーカーです。

主にモールスキンやコーデュロイなどといった、ゴツめの服を製造していましたが、徐々に網羅する範囲は大工にとどまらずに、農夫や炭関連、レストラン、パン屋など多くの職種の衣服を作るようになっていったようです。現在ではアドルフ・ラフォンがその服を製造する職種の数は230にも上ると言われています。

 

アドルフ・ラフォンのサロペットと言えば!な八の字ジップ。

他のメーカーでもこのモデルを見かけることはありますが、重厚感のあるECLAIRジッパーを使用した存在感の強い八の字はアドルフ・ラフォン特有と言えます!

シルバーでゴツめなジッパーの八の字が欲しい!という方には、やはりアドルフ・ラフォンをおすすめ致します。

 

また、ウエストの打ち込み式ボタンや肩ストラップの金具など、どれも重みと存在感のある素材が使用されています。

このようなそれぞれの材料の良さは、アドルフ・ラフォンやオ・モリネルなどといった現存しているワークウェアメーカーにこそ見られるもの。大きな企業だからこそ手を抜かない姿勢が素敵です。

 

フレンチヴィンテージといえばブルー!それ無しで始まることはなく、サロペットももちろんその選択肢の一つです。

ぜひ普段のコーディネートのアクセントにしてください!

 

 

コンディション...10/10

デッドストックです。着用される際には、できれば当時の選択方法に則ってノリ剥がしを行ってください。

 

 

サイズ...48

ウエスト 92-94cm

股上 32cm

股下 84cm

裾幅 23cm

 

 

発送やその他注意事項について、サイトのABOUTページに記載しております。お買い求めの際はそちらをお読みください。

60s ADOLPHE LAFONT 八の字のコットンサロペット デッドストック

¥22,000 通常価格
¥17,000セール価格