1960年代にAdolphe Lafont(アドルフ・ラフォン)が製造した、黒モールスキンのサロペット(オーバーオール)です。

 

やっぱりブラックモールスキンはかっこいい!まっさらでもくたくたに使用されていても、他のフランスヴィンテージになかなかない「クールさ」的な物があります。

 

ウエストとベルトのボタンはコーティングされたメタルボタン、股のボタンはプラスティック製です。ジップはEclair(エクレール)社製。50年代に製造されたメティスのシャンブレーコートのタグに書かれていましたが、当時は政府からエクレールの製品が推奨されていたようです!

 

また、ベルトの金具にはBreveté SGDG(特許は与えられているが政府の事前検査は受けていない)が刻印されています。 

 

フラップポケットではなくジップが使用されていたり、容易にサイズをアジャストできるようになっていたりと、ワークウェアのディテールは完成されていますが、カテゴリとしてはまだほんの少し未完成な感じ。その空気感がとてつもなくかわいいです!

 

サイズ 表記は52

ウエスト 99cm~101cm

股上 32.5cm

股下 72.5cm

裾幅 24cm

 

発送やその他注意事項について、サイトのABOUTページに記載しております。お買い求めの際はそちらをお読みください。

【SOLD】60s Adolphe Lafont 黒モールスキンのサロペット(オーバーオール)

¥0価格