1960年代に製造されたワークコートです。

 

 

なかなか珍しい、スタンドカラーのコート!ジャケットでは割と見かけることもありますが、コートとなるとあまりありません。

 

フランスではcol Mao(コル・マオ)と呼ばれるこの襟は、中華人民共和国を率いた毛沢東が着ていた服に由来します。

 

 

3つボタンから4つボタンが一般的な従来のワークコートと違い6つボタン仕様と多め!

ラペルがない分上部の空きが広がり、胸ポケットが比較的上側に付けられているのも特徴的です。

 

 

また、そのボタンの多さとシャツスリーブが相まって、シャツのようなニュアンスもあります。

 

 

ちょっとユニークな白コートをお探しだった方に特におすすめ!

 

 

ボタン...メインボタンの下から2つ目と3つ目がオリジナルで、プラスチック製です。一番下だけシェルボタンが使用されています。

 

コンディション...特にダメージなどはなく、非常に良い状態です。

当時の洗濯方法に則って、マルセイユ石鹸で手洗いしています。

手洗いをすることで生地を無駄に傷めずに済み、より長くご着用いただけます。

 

 

サイズ

着丈 103cm

肩幅 49cm

身幅 59cm

袖丈 61cm

 

 

発送やその他注意事項について、サイトのABOUTページに記載しております。お買い求めの際はそちらをお読みください。

60s スタンドカラーのワークコート

¥18,000価格