1950年代頃に製造された、ダブルブレステッドのワークジャケットです。

 

濃くも澄んだ、とても美しいインディゴブルーです。

作業で身体を折り曲げる肘の内側などにはハチノスが入っていて、ところどころには日焼けによる色褪せも見られます。

色褪せとフランスのブルーの相性ほど綺麗なものもなかなかないと思いますが、こちらのジャケットのそれは本当に神秘的です。

 

 

コットンツイルですがリネンでも混ざってるのか、と思いたくなるようなシャリ感と軽さです。

開いた時のドレープや着ている時の全体的な落ち具合は、その軽さに由来します。

 

その生地の柔らかさと袖のシームで、ふんわりとした素敵なシルエットになっています。

 

 

ボタンには裏にFRANCEと書かれたものが使用されています。

こちらはミリタリーや公務員の衣類に使われたボタンの特徴です。

ですので、こちらのジャケットは国営企業に勤める人々に作られた一着だということがわかります。

 

 

各ポケット口には、幅の広く取られた補強が充てられていて、ダメージ対策もバッチリ!

 

 

破れ、ダメージ、スレのないダブルジャケット!

お探しになられている方はこの機会にぜひ :)

 

当時の洗濯方法に則って、マルセイユ石鹸で手洗いしています。

手洗いをすることで生地を無駄に傷めずに済み、より長くご着用いただけます。

 

 

サイズ 54 76

着丈 69cm

肩幅 48cm

身幅 59cm

袖丈 66cm

 

 

発送やその他注意事項について、サイトのABOUTページに記載しております。お買い求めの際はそちらをお読みください。

50s ダブルブレステッドのワークジャケット

¥148,000価格