1920年代から1930年代にかけて製造された、白モールスキンのワークパンツです。

 

 

木製のボタン、それに薄いモールスキン素材からこちらの年代が推定されます。

1940年代から1960年代までのモールスキンは丈夫さを優先的に高くしたものが多く、厚みのある生地になっています。

1920年代頃までのモールスキンで作られた服には、その織りこそモールスキンのものながら厚みは薄いものが多くあります。

 

その厚みや軽さは、一般的なコットンのよう!

ですので、白パンツながらも色が透ける心配はありません。

 

 

脚はワークパンツの中でも細く作られていますので、よりクラシカルで上品な雰囲気でご着用いただける一本です。

 

 

ポケットのスレキにはガーゼのような素材が使用されています。

そのためポケットに重いものや鋭利なものを入れなくてよい職業の方のために作られたパンツということがわかりますが、白パンツを穿きたくなるこれからの季節においては通気性が守られるという観点から素敵なディテールということが言えます。

 

 

マルタンガル(シンチバック)は付いていますが、お互いがそっぽを向く形になっています。

付け替えられた跡もありませんので、純粋なミスかと思われます。

 

 

ボタン...オリジナルは木製です。

メインボタン上から2つ目はガラス、3つ目はシェルに置き換えられています。

 

コンディション...特にダメージはありません。非常に良い状態です。

当時の洗濯方法に則って、マルセイユ石鹸で手洗いしています。

手洗いをすることで生地を無駄に傷めずに済み、より長くご着用いただけます。

 

 

サイズ

ウエスト 41cm

股上 32.5cm

股下 71cm

総丈 101cm

裾幅 21cm

 

 

発送やその他注意事項について、サイトのABOUTページに記載しております。お買い求めの際はそちらをお読みください。

【SOLD】20s-30s 白モールスキンのワークパンツ

¥0価格