60s頃に製造されたレザージャケットです。

 

通称、コルビュジエジャケット。

 

近代建築の三大巨匠と称されている〈  Le Corbusier  〉ル・コルビュジエが愛用していたジャケットとしてこの愛称がつきました。

 

このジャケットは本来、フランス国営職業(消防署や郵便局など)の職員への支給品です。

こちらは内ポケットにEDFの刻印があるので、こちらはフランスの電力会社への支給品だったことがわかります。

 

 

こちらの個体を含め、現在手に入るコルビュジエジャケットのほとんどは細かなディテールこそ、コルビュジエが愛用していたものと多少違うものの、その格好良さから非常に人気があります。

 

 

裏地はチェック柄のウール素材で、ル・コルビュジエが愛用したモデルとは少し異なりますがベースとなる形はだいたいそのまま。

 

 

レザーはシープスキン。

レザー産業で有名だったGraulhetで加工されたレザーです。

フランス語で防水の加工をしたレザーであると表記されています。

 

日本だとGraulhetをメーカー名と思っている方が多いですがこれは地名(南仏)で、メーカーはGVFです。

 

脇下には熱を逃す通気孔があります。

 

レザーは所々に細かなスレの小傷があるものの、乾燥もなくしっとり柔らかい状態を保っています。

着込まれて柔らかくなっている分、体によく馴染む感じで着用時のストレスがありません。

裏地に虫食い等のダメージもなく良好です。

 

ボタンはプラスチック製で全てオリジナルで揃っています。

 

 

<SIZE>

着丈 74cm

肩幅 47cm

袖丈 60cm

身幅 57cm

 

 

発送やその他注意事項について、サイトのABOUTページに記載しております。お買い求めの際はそちらをお読みください。

60s 通称<ル・コルビュジエ> レザージャケット

¥69,000価格