1950年代から1960年代にかけて製造された、ダブルのレザージャケット。

 

20世紀を代表するインテリアデザイナー / 建築家のシャルル・ジャヌレ、通称ル・コルビュジエ(Le Corbusier)が愛用したモデルとして非常に人気の高い物です。

フランス国内でも滅多に出会うことのできないヴィンテージの中の一つ。

(本来は消防署や郵便局など国営機関の従業員への支給品です。)

 

肉眼でも物凄く見えにくいのですが、内ポケットの横にEDFの刻印があるので、こちらはフランスの電力会社への支給品だったことがわかります。。

(最後から4番目の写真をご参照下さい。)

 

 

この個体は見頃裏地がチェック、袖裏地がストライプ柄。

コルビュジエが実際に着用していたのは無地の裏地なのでそこの違いはあるものの、それ以外のディテール(ウール襟やフラップポケット)は、彼が愛用していたものと同じです。

 

レザーの状態は所々スレの小傷があるものの、乾燥はなく全体的にとても良好なユーズド品です。

致命傷ではありませんが、最後から二番目の写真の様に右のフラップポケットのフラップを開いた時に見える箇所に赤い線の汚れがあります。

最後の写真の様に、胸フラップポケットの玉縁の端っこが若干(1mmくらい)弱くなっています。(問題なく使用できますし、着用時に見えるダメージではありません。)

 

 

ウール襟の状態は、全体的にはとても綺麗です。

よく見ると1mmくらいの虫食いがあったり、後ろ襟の中央より左部分にモヤっとした表面的な虫食いがありますが目立ちません。

ウール襟はネイビーではなくブラックカラーなのも、この個体の特徴です。

 

また、裏地は虫食い等のダメージはありません。

 

欠損しやすいチンストも残っています。

 

中々に良いコンディションの1着なので、お探しだった方この機会にいかがでしょうか!

 

 

<SIZE>

着丈 74cm

肩幅 47cm

袖丈 65cm

身幅 55cm

 

 

発送やその他注意事項について、サイトのABOUTページに記載しております。お買い求めの際はそちらをお読みください。

【SOLD 】50s 60s 通称<ル・コルビュジエ> レザージャケット<ウール襟>

¥0価格