1970年代に製造された、フランス空軍のメカニシャンまたは憲兵隊教育生のシャツジャケットです。

 

タグにはC.I.G と表記されています。このアクロニムが指す団体はかなり多く、どれが正しいものかを断定することは非常に難しいですが、最も濃厚と思えたのはCentre d'Instruction de la Gendarmerie(憲兵隊員教育センター)でした。

 

こちらはフランス中西部に位置するコミューン、サン=タスチエ(Saint-Astier)にあった施設です。1968年に勃発した大規模デモ五月革命による治安の低下を受けて憲兵隊員を教育・増員すべく、それより以前にBA 276と呼ばれたフランス空軍基地が置かれたこのコミューンに設立されたものです。

 

設立当時はCPGM(Centre Perfectionnement de la Gendarmerie Mobile)と呼ばれ、現在はCNEFG(Centre National d'Entraînement des Forces de Gendarmerie)と改名されています。

CIGと呼ばれていた期間は1971年から1973年と非常に短く、このアクロニムがこの団体を指しているとすれば、こちらのシャツジャケットが製造されたのもこの2年間のどこかと言うことができます。

 

 

オリーブグリーンのボディに渋く輝く、ブラウンの3本のジッパーと、袖に配された3つのスナップボタンの組み合わせは、シンプルながらも言葉に表しづらい独特な特徴を作り上げていてとてもシックです。

 

全体的にはジャケットの作りや生地の厚さでありながら、3つボタン仕様の袖でシャツらしさもあり、なかなか重宝できる一着になること間違いなし!

 

そのシャツにしてはゴツめな生地には、コットンツイルが使用されています。

 

 

ジッパー...メイン、ポケットともにAILÉE製のものが使用されています。

 

コンディション... 9 / 10

特筆すべきダメージはありません。

 

 

サイズ...04LPM

着丈 74.5cm

肩幅 51cm

身幅 59cm

袖丈 59.5cm

 

 

発送やその他注意事項について、サイトのABOUTページに記載しております。お買い求めの際はそちらをお読みください。

【SOLD 】70s C.I.G フランス空軍メカニシャン/憲兵隊教育生のシャツジャケット

¥0価格