検索

こんにちは、ボウズです!



本日はフランス単語のカタカナ表記について日記を書きます。



渡仏1年目の私にとって文法や発音記号などに関しての勉強は楽しく、喜んで勉強を進めていました。


フランス語には日本語にない発音がたくさんあります。と言っても英語ほど多くなく複雑でもありませんが、中でも母音のルールと「r」の発音は、私たちが親しんでいる日本語や英語にはないものがあります。



例えばLe Corbusier。

20世紀を代表する建築家・インテリアデザイナーで、彼が生前に着たウール襟、ダブル仕様の公務員レザージャケットはフレンチヴィンテージの中でも大人気のモデルです。


日本におけるヴィンテージ服界隈においての彼の発音としては「コルビジェ」表記が多く見られますが、日本語のWikipediaを参照しても「ル・コルビュジエ」と表記されることが一般的です。


Le Corbusierを音節に分けると、le-cor-bu-si-erとなります。

母音を伴わない「r」のカタカナ表記については、フランス語でありがとうを意味する「メルシー(merci)」に倣うと、「ル」とするのが一般的です。

また、フランス語の母音のルールに則ると、「u」は「ュ」、「er」は「エ」と発音します。


そうすると、Le Corbusierの発音はル-コル-ビュ-ジ(ズィ)-エとなります。



次にbourgeronです。

これは主に兵士が兵舎で着ることを想定した短い丈のコート(=ジャケット)と、それに派生して俗的には兵舎で着る服全般の種類を意味する単語です。


この単語のカタカナ表記としては「ボージョン 」や「ブージュロン」が多く見られます。


bourgeronを音節に分けると、bour-ge-ronとなります。

フランス語では「ou」で「ウ」、「e」で「ウ」と「エ」の間のような音、「g」で「ジェ」になります。


私たちが親しんでいる単語にブルジョワ(bourgeois/e)という言葉がありますが、この二つの単語はbourgeまでを共有しています。

また、bourgeだけでもブルジョワを意味することができ、その場合のカタカナ表記は「ブルジュ」となります。ここから、「e」単体のカタカナ表記は「ウ」となることがわかります。


これらを考慮すると、bourgeronのカタカナ表記はブル-ジュ-ロンが最適です。


実際の発音としては「r」はかなり弱く発音されるので、ブルジュロンよりもブージュロンと発音した方が伝わりやすいかもしれませんが、「メルシー」に代表される「r」のカタカナ表記に基づくと、日本語での書き言葉としてはブルジュロンの方が良いと言うことができます。


反対に、Le Corbusierに関してはそもそも「ル」を省略しているフランス人はほとんどいないと感じますし、「u」の発音が「ィ」になると、フランス人が聞いた際に混乱を招く恐れもあります。



英語に比べるとフランス語はカタカナ発音で伝わる言葉が多いです。


例えばAu Molinelは「オモリネル」で、Maquignonは「マキニョン 」で十分伝えることができるはずです。

しかしながら、全く起源の違う二言語ですので、無理やりカタカナ表記にしなければいけない場合もあり、今回はそれをテーマにしました。



フランスのヴィンテージ服だけじゃなくフランス語の発音も知りたい!という方がどれだけいらっしゃるかわかりませんが、ちょっとした豆知識になれば嬉しいです!



それでは!


ボウズ

閲覧数:91回0件のコメント

更新日:2021年10月24日


ABOUTに記載している事と少し重複しますが、現時点でのMOUCHI BROCANTEでご利用可能な決済方法とご購入後の流れについて書いていきます。


まず、クレジットは【VISA、Master、JCB、American Express、Diners Club、Discover】などがご利用いただけます。


デビットカードもご利用可能です。(上記ブランドとMaestro等)

ご自身が設定されている上限額以上になりますとエラーになります。

その他にもデビットカードで決済が上手くいかない場合は、ご利用のカードの金融機関にお問い合わせ頂くと解決する事があるようです。

ご不明な点がございましたらお気軽にご連絡下さい。



ご購入後の流れですが、決済時にご登録頂きましたメールアドレスに必ずメールを送らせて頂いております。(時差の関係で最大10時間ほど間が空く可能性がございます。)


また、商品発送後にも上記アドレスに発送のご連絡を致しております。その際に商品の追跡番号も一緒にお伝えしています。


メールが届かない方は迷惑メールBOXをご確認下さい。


何かご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。


閲覧数:84回0件のコメント

Adolphe Lafont(アドルフ・ラフォン)は1844年に始まったワークウェアブランドです。創業からそろそろ180年を数えようとしている大老舗。


実はその始まりは、LAFONTのウェブサイトで紹介されているものとWikipediaで説明されているもので大きな違いがあるのですが、僕は前者を前提にして後者を補足的なものとして考えています。


その始まりとなった2着は、どちらもフレンチヴィンテージ好きにはおなじみのモデル。むうちブロカントでも販売したことのあるものなので、画像付きでご紹介します。


ワークパンツ:Largeot(ラルジョ)


©Mouchi Brocante
©Mouchi Brocante

公式サイトによると、ラフォンさんが大工をしていた義理の兄弟にパンツを作ったのが始まり。


このパンツにはLargeot(ラルジョ)という名前が付けらました。現代ではモールスキンやコーデュロイのワークパンツを指す単語になっています。なので、初めてラフォンさんが作ったこのワークパンツも、モールスキンかコーデュロイだっただろうと思います。


Wikipediaによるとアドルフ・ラフォンがラルジョを作ったのは1896年となっているので、商標登録か何かをしたのがこの年なのかなと思います。


サロペット:Cotte 406(コット406)


©Mouchi Brocante
©Mouchi Brocante

同じ1844年。ラフォンさんは続いてサロペットを同じ義理兄弟に作ったと言われています。こちらにはcotte 406(コット406)という商品名が付けられています(コットはサロペットを指す一般単語)。


検索するとコット406は八の字ジップなので、19世紀半ばから八の字サロペットがあったということになります。


20世紀にはイタリア系フランス人のコメディアンColuche(コリューシュ)が頻繁にサロペットを着用していたことから、フランス国内で大人気を博すことになりました。


その後にアドルフ・ラフォンが着手したのがブルー・ドゥ・トラヴァイユです。それがいつのことだったかは書かれていませんが、アドルフ・ラフォンといえば1950年代まではモールスキンやコーデュロイなどゴツい生地のイメージが非常に強いので、あまり早くなかったのではと思っています。


今回は、日曜日に黒モールスキンの八の字サロペットを販売するのでブログに書いてみました。


アドルフ・ラフォンの始まりの一つとも言える八の字、もといコット406。フランス内でも見つけるのが非常に困難になってきています。

歴史を感じることのできるモデルを、ぜひ手にしてみてください!


むうちブロカント

ボウズ

閲覧数:700回0件のコメント